ゴリラ脱毛で肌荒れ、やけどが起こる可能性

ゴリラ脱毛で肌荒れ、やけどが起こる可能性

 

ゴリラ脱毛には痛みが少ないということは話しました。
では痛みとは別に肌荒れなどを起こすことはあるんでしょうか。

 

今回はその可能性などを調べました。

 

肌トラブルの可能性

 

最初に行ってしまうとゴリラ脱毛で肌トラブルを起こす可能性はあります。
それもほとんどの人が。

 

 

症状としては、

 

  • 肌荒れ
  • 軽いやけど
  • 毛嚢炎

 

などなど。
でもこれはゴリラ脱毛に限らず、脱毛をした場合には必ず起こり得ることなんです。

 

脱毛と肌荒れ


レーザー脱毛による肌荒れの報告、残念ながらなくはないんですね。
特に、顔のムダ毛部分にレーザー脱毛した場合に、肌荒れや肌トラブルが起きやすいといわれています。
なぜレーザー脱毛によって肌が荒れてしまうのか、というと、原因は様々です。
例えばレーザーの出力を上げすぎて熱が強かった、毛の色や濃さに合わない照射で皮膚表面が炎症した、ひどく乾燥してしまったなどの原因があります。

エステ脱毛との比較より

 

でも大事なのはそこからの対応、医療レベルの高さです。

 

選ぶならクリニックを

脱毛には医療脱毛とエステ脱毛の2種類があります。
医療脱毛は国から認められた病院しかできない行為で、脱毛後に塗り薬などを処方することができます。
一方、エステ脱毛は医療ではないのでこういったことができないんですね。

 

ちなみにゴリラ脱毛は医療脱毛です。
高確率で起こる肌トラブルではあるんですがそれに対する処置はしっかりできる施設ということです。

 

また、ゴリラ脱毛はエステ脱毛では使えない脱毛機器を使ってるのも特徴。
それがこのメディオスター。

 

 

⇒メディオスターの特徴でも書いてありますが、この機械は通常の脱毛より患者のダメージをぐっと抑えることができる脱毛機器なんです。
公式サイトにも書いてあります。

 

詳しくは割愛しますがこの機械を使うことで肌のやけどや荒れをかなり軽減できます。
さらにトラブルが起こった場合も薬などの処方が可能という対応。
なのでゴリラ脱毛であれば起こる可能性が高い肌荒れの対応はかなりイイと個人的には思っています。

 

まとめ

 

肌荒れが起こる可能性はある
ゴリラ脱毛では薬や脱毛機器で対策

 

顔周りなんで肌荒れは他の部分よりは気になります。
後の対応も含めて考えるとエステ脱毛はやめた方が無難ですね。

 

 

 

関連ページ

ゴリラ脱毛の手術時間と期間はどのくらい?
ゴリラ脱毛の脱毛全体にかかる時間はどのくらいなのか調べました。仕事をしている人だとそのダウンタイムの詳細も気になると思うのでそこも調べています。
ゴリラ脱毛はなぜ痛みが少ないのか
ゴリラ脱毛の特徴の一つはその痛みのなさ。なぜそんなに痛みが少ないのかを解説しています。公式の画像や言葉を引用しているので嘘ではないですよ。