ゴリラ脱毛はなぜ痛みが少ないのか

ゴリラ脱毛はなぜ痛みが少ないのか

 

トップページでも軽く書きましたが、ゴリラ脱毛の評判の良さの理由の一つがこの痛みの少なさ。
普通は脱毛の痛みを感じるような部分の手術でも全然痛くなかった!という口コミもよく見ます。

 

なぜそこまで痛みを軽減できているのかを調べました。

 

カギは脱毛マシーン!

その理由はゴリラ脱毛が使ってる脱毛機器にありました。
それがこのメディオスターNeXT。

 

 

脱毛ではよくレーザー脱毛が使われてますが、これは蓄熱式という方法で脱毛しています。
これのメリットとして「バルジ」という部分をピンポイントに狙えるというものがあります。

 

 

バルジとは


そもそも『バルジ領域』が発見されたのは2000年〜2001年のお話でした。
脱毛症治療の研究の一環として発見されたバルジ領域は、幹細胞(細胞を作る働きをする)の一種で、毛の生成に重要な細胞を作り出す働きをしています。
バルジ領域から作り出される発毛因子が毛母細胞となり、毛乳頭からの栄養を受け取ることで毛が生成されているのです。

ケナシーより引用

 

 

この右にぴょこんと出てるのがバルジですね。
通常のレーザー脱毛だと毛根の部分をレーザーで上から狙って照射します。

 

その際に皮膚の深い所、毛根というなかなかの大きさのモノが破壊され、大きな衝撃が起こるんです。
これが脱毛の際の痛みにつながるんですね。

 

しかし、ゴリラ脱毛では毛根部分よりもバルジの方をメインに照射します。
バルジは皮膚の浅い所にあるうえ、そのものを破壊するんじゃなくて発毛因子を破壊していきます。
衝撃がかなり軽減されるのでそれに伴って痛みも小さくなる、ということです。

 

公式にも

 

普段痛くなるような鼻の下でも痛みが驚くほど軽減される、と公式サイトには書いてあります。
脱毛手術は麻酔も使うことができるんですがそれが必要ないほどとのことです。

 

まとめ

 

ゴリラ脱毛では勝手にこの器具を使ってくるので自分から申し出る必要はありません。
毛の状態によって個人差はありますが他の脱毛よりははるかにやさしいと思っていいでしょう。

 

自分がどうなのか知りたい、という人は是非カウンセリングを受けてみてくださいね。

 

 

 

関連ページ

ゴリラ脱毛の手術時間と期間はどのくらい?
ゴリラ脱毛の脱毛全体にかかる時間はどのくらいなのか調べました。仕事をしている人だとそのダウンタイムの詳細も気になると思うのでそこも調べています。
ゴリラ脱毛で肌荒れ、やけどが起こる可能性
ゴリラ脱毛の手術において肌荒れややけどなどの肌トラブルが起こる可能性はあるのかどうかを調べました。起こるならその時ゴリラ脱毛はどんな対処をしてくれるのかも調べています。